心の病気は治すことができる|一人じゃないよ

心の病気は病院で治すLet'sカウンセリング

早期に受診します

男の人

心の病気は、原因不明の不調があらわれる病気です。社会生活を起こることが難しいと感じるほどの苦しさがあります。治療は、その人にあったものを選びます。特に薬を使った治療は、副作用が出ることもあるため、慎重に使用します。

もっと読む

医療機関にかかることから

レディー

うつ病だけではない

心の病気の代表格は、やはりうつ病です。しかしながら、それだけではありません。うつ病の症状に躁状態が加われば双極性障害となりますし、ある特定の状態に陥った時にうつ状態などに陥る適用障害や、うつ病の引き金にもなる社会不安障害など、うつ病に近い心の病気はたくさん見られます。そして、それぞれの疾患で、使う薬物も治療法も異なってきます。心の病気にかかった際は、自分がどの病気なのかを、専門の医師によって判断してもらうことがとても重要です。確かに、医師の最初の診断が100%正しいわけではありません。経過観察を続けることでより正確な診断が可能となり、適切な治療が行われることは間違いありません。また、心の病気は、不眠や疲労を生じさせて、あらゆる病気の原因にもなります。医療機関にかかる重要性は、おわかり頂けるのではないでしょうか。また、心の病は本人だけでは気がつきにくく、周囲の目配りや理解がとても重要です。異常に気がついたら、医療機関に行くよう促してみるその一言がその人を救うことにもつながるかもしれません。なお、心の病気は精神科や心療内科にかかりましょう。

治療方法

心の病気の治療方法は、薬物治療が中心となります。うつ病では、抗うつ薬を用いて、脳内のセロトニンやノルアドレナリンというホルモンを増やす方向に持っていきます。うつ病以外の場合には、不安感を和らげる抗不安薬や鎮静作用のある抗精神病薬、うつ状態にも躁状態にも効果のある気分安定剤、そして睡眠薬などが使用されます。それぞれ病名に加え、患者の状態にも応じて使用する薬は異なりますから、精神科医や心療内科医の判断により薬は処方されます。特に初期治療の段階では、薬物治療がとても重要です。もし、薬が合わないですとか、症状の改善が見られないのであれば、医師にしっかりその旨を伝えましょう。ただし、勝手に薬の服用をやめることは、心の病の改善につながりません。薬の服用の初期段階では、さまざまな体の反応が起こります。もちろん副作用など悪い作用も含めてです。この段階でやめてしまえば、効果を実感できることなく治療もストップしてしまうのです。医師はさまざまな症例に当たっており、薬の反応についても熟知しています。医師のアドバイスのもと、薬の服用は指示通り行うことがとても重要です。

心を健康に

ハートを持つ看護師

心の病気は、誰でも起こる病気です。人間は心が支配していると言っても良いほど心が動いて体が反応します。傷つきやすくできている人の心は、病気になりやすいと言っても良いでしょう。病気にならないような予防や対策が必要です。

もっと読む

増加傾向の病気です

悩む男性

ストレスや環境の変化、ホルモンバランスなどさまざまな要因によって、心の病気を患う人が増加しています。ストレス社会と言われる現代人にとって、うつ病や自律神経失調症は罹りやすい心の病気です。また、女性は産後や更年期などにもこうした心の病気を発症しやすい傾向があります。

もっと読む

理解されにくい精神の病気

看護師

心の病気は、他人にはなかなか理解されません。そのため、誤解を受け症状が悪化してしまうこともあります。うつ病や統合失調症、アルコール依存症などは代表的な心の病気で、医師とのカウンセリングや薬物療法などで治療します。

もっと読む

早めに相談しよう

診察

心の病気は誰もがかかる可能性があるものです。相談や治療は心療内科や精神科で受けることが出来ます。最近では医療機関の数が多くなったことや通いやすい工夫がされているところが多いなど、以前に比べると身近になったと言えるでしょう。

もっと読む