心の病気は治すことができる|一人じゃないよ

女性

心を健康に

ハートを持つ看護師

病気と思われる症状

人の心は繊細で傷つきやすくできています。完璧な人はいないので、人は傷つけ傷つきやすくできています。ストレス社会となった現在では心の病気で悩んでいる方が増加しています。会社や学校などでもストレスをチェックして心の病気に注意しています。人は生まれてきて生活する環境や育てられ方などで人の心は違ってきます。ストレスを溜め込んでしまい悩みながら生きる方、発散して楽しく生きる方と人によって生き方が違います。楽観的でおおらかで明るいので心の病気にはならないと思っている方も実は、明るく表現しているだけかもしれません。年齢的なことや環境の変化などで心に感じる捉え方が変化することもあります。時々ストレスチェックをすると予防にもなりますし、病気を防ぐことができるかもしれません。症状のチェックをしてみましょう。最近、憂鬱に感じることが多くちょっとしたことでも悩んでしまう、夜眠れなくて朝起きるのが辛くなった、やる気がなくなんとなく1日が過ぎてしまう、人に会うことが億劫になったなど沢山の心の症状が出たら注意が必要です。

予防と対策

心の症状が出ると注意した方が良いですし、症状が悪化すると体にも症状が出ます。原因不明の頭痛、吐き気、めまい、体のかゆみ、体重の増減、胃の不調が出ます。最悪、自分の存在を否定します。存在を消したいと自殺願望が出ます。このような症状が出ると危険です。その前に予防し対策をすることをお勧めします。心の症状が出たら医療機関に行きましょう。心療内科、精神科が良いでしょう。年齢的に中高年の方は更年期障害が考えられますが更年期障害から心の病気になることもあります。楽しめることを探すことが良いですが、中々すぐには見つからないので気分を変えることから始めてみることも良いです。仕事に疲れたらゆっくり休む、旅行に出て現状から離れて心を休めることも大切です。また他にも趣味を作ったり、香りや音楽で脳内をリラックスさせ、専門の医療機関やクリニックでカウンセリングを受けるなど対策は沢山あります。なかでも、専門の医療機関やクリニックでのカウンセリングはお勧めです。カウンセリングによって、心の負担を取り除く事が出来るでしょう。そして、万が一、ストレスからくる心の病気を発症していても、すぐに治療を始めることができます。