心の病気は治すことができる|一人じゃないよ

女性

早めに相談しよう

診察

ストレス社会と言われる現代において、心の病気を患う人が増えてきています。心の病気は精神科もしくは心療内科で治療を受ける必要があります。精神科は、心の病気の症状の診療を行なう診療科です。抑うつ症状や強い不安感、イライラ感や幻聴や幻覚などの症状がある場合に適している診療科であると言えるでしょう。症状によって、精神分析や医薬品を使用します。一方で、心療内科は心の病気が原因となり身体にも何らかの症状があらわれているときに診療を行なう診療科です。動悸や息苦しさ、食欲不振、便秘や下痢などの消化器系の症状があらわれていれば、受診することをおすすめします。どちらを選べば良いか分からないという場合には、訪れる前に電話などで確認するか、かかりつけ医がいる場合にはかかりつけ医に相談した上で適している診療科を紹介してもらうという方法があります。医療機関にもよりますが、夜遅くまで診療を行なっている、土日にも対応しているという場合には通いやすいと言えるでしょう。

心療内科や精神科というと、通いにくいというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、最近では多くの人が気軽に来院出来るような工夫がされています。病気に対する情報が多くホームページなどに掲載されている医療機関もあるため、来院前に簡単に医療機関の情報を得られるでしょう。患者本人だけではなく、サポートする家族など周囲の人が気軽に相談することが出来るような機会を設けている医療機関もあるため、どのように対応したら良いか分からないという人の支えにもなるでしょう。心療内科や精神科の多くはあらかじめ予約が必要となりますので、電話やインターネットを利用するなどして予約をするようにしましょう。医療機関によっては、人気でなかなか予約が取れない場合もありますので、早めに予約をするように心がけましょう。早めに受診すれば、症状が悪化する前に対応することが出来ます。心療内科や精神科に行くときは、いくつかの医療機関に相談し、自身に合う所で治療を受けるとよいでしょう。